仮面店長K

知り合いに洗脳されて「銀魂」を読んだ後、一気に描き上げた作品です。ノリと勢いは自信アリですが萌えはありません・・・
相変わらず没を喰らい続けて「え~い!どうにでもなれ!」的ないわゆるやけっぱちも手伝って、描いた本作品は皮肉にも編集長から「久方ぶりに面白かった」と絶賛されました。

という事はなんですか?自分は萌えを追求するよりもお笑いを追求した方が良いって事ですか?w
まぁ・・・散々追求しても失敗しつづけたけど・・・orz

作品に関してはパイズリ→正状位→バック→後背騎乗位の流れでカラミは続きますが、苦労したのはやはりパイズリでした。自分のおっぱいって熟女系の乳なのでもっとトップを上にしる!と指摘され、今回はもクセというか個性になっているソレをその事を意識して描きました。
おっぱいもトップの位置って上げ過ぎると人形みたいになるし下げると20代でその乳は40代だろ!と突っ込まれるし、もう大変です。
世界の乳絵師はこんな苦悩を抱えて生きているんですねぇ・・・w

ちなみに仮面店長KのKは・・・ 皆様のご想像にお任せします。


(コミックCROSS vol.3 掲載)
[PR]
by e-heaven | 2007-01-15 02:47 | 仮面店長K


HOT REPLY >>